【ポケモンBDSP】殿堂入りしたのでパーティ紹介と四天王戦の感想

【ポケモンBDSP】殿堂入りしたのでパーティ紹介と四天王戦の感想

四天王の構成がガチすぎて笑う


四天王〜チャンピオン戦を乗り越え、ダイパリメイク無事クリア!
本作の四天王は、ポケモンの構成が強化されたりAIが強化されていたりで苦戦した・・・
2回くらいそのまま凸したけど勝てなかったので、
技構成の見直しと回復アイテムを追加で購入してリベンジを果たした。

 

旅パのポケモンを紹介しつつ、
四天王戦での感想や立ち回りについても話していきたい!

 

パーティ紹介&四天王戦の感想

◆ドダイトス
ナエトルからの相棒。
ストーリーでは草タイプは苦戦すると言われがちだが、
草や地面、かみつくの悪が刺さる相手が多くて言われるほど辛い場面はなかった。
しかし、四天王戦は別だ・・・
サブウエポンに氷技を持たせているポケモンが多く、
かつAIが的確に弱点をついてくる行動をしてくるので、
キクノのカバルドンの氷の牙、シロナのミロカロスの冷凍ビームになすすべがなかった・・・
ストーリー上は『はっぱカッター』でおしていたが、
キクノのカバルドンとヌオーを落とせなかったので、
ハートの鱗を消費して『ウッドハンマー』を習得して乗り切った。

 
◆クロバット
ドダイトスに次ぐエース。
序盤でムックルと遭遇しなかったのでズバットがそのままレギュラーに。
毒飛行はストーリー上意外と使いやすかった。
四天王戦では虫タイプのリョウを処理するかかり。
雷パンチがあるものの、オーバのゴウカザルにも役割を持てた。

 
◆レントラー
序盤からの相棒その3。
貴重な電気タイプだが、レントラーは物理寄りで低火力の『スパーク』が
メインウエポンという悲しきモンスター。
とはいえストーリーでは問題なく、四天王戦まで順調な旅をしていたが、
シロナの火炎玉ふしぎなうろこミロカロスに絶望的な現実を見せられてしまう。。。
負けた後に『10万ボルト』を習得させて、無事リベンジを果たす。

 
◆ドータクン
相手の火力が高すぎて受けきれず、鋼エスパーが刺さりづらいこともあって役割は薄かった。
『さいみんじゅつ』でサポートはできる。

 
◆チャーレム
特性『ヨガパワー』から繰り出す『とびひざげり』で強引に突破していく。
『ふるいたてる』で積んでから全抜きなども考えてたけど、
相手の火力や素早さが高くて思うようには立ち回れなかった。
チャーレムはそこまで好きなポケモンではなかったけど、
殿堂入りを共にしたことで愛着が湧いたポケモンだ!

 
◆チルタリス
氷、炎、妖精と広範囲の技で相手を崩していく技構成にしておいた。
シロナのガブリアス対策に残しておいて、
ガブのドラクロを耐えた後に「反撃の冷凍ビームで終わり!」と思ったら、
まさかの半減実で受けられた時は焦った。
クッションポケモンを犠牲にして回復後に追撃して何とか倒せたぜ。

 

そして、”強化”四天王戦へ・・・

ダイパリメイクは殿堂入りした後に全国図鑑を入手すると、
強化された四天王と戦うことができる。
そして、強化四天王を倒すと超強化四天王と戦うことができる。

本当の殿堂入りはまだ先だというのか・・・!

 

アマゾンリンク


03.ゲーム私情・雑記カテゴリの最新記事