任天堂公式サイトで3DSとWiiUを振り返る機能が公開!俺の思い出や各ハードの販売実績などまとめ

任天堂公式サイトで3DSとWiiUを振り返る機能が公開!俺の思い出や各ハードの販売実績などまとめ

3DSとWiiUが発売されてから10年が経ってしまったのか!
時間の流れは早い・・・!


ニンテンドー3DSとWii Uの思い出を振り返る。「My Nintendo 3DS & Wii U Memories」公開中


任天堂の公式サイトで『3DSとWiiU』の総プレイ時間が確認できるページが公開されました。
この特別ページは期間限定公開のようなので、アカウントを連携している人は見てみると面白いと思います。
(プレイ時間の集計期間は2011年2月26日から2020年2月末まで)

また、3DSとWiiUのニンテンドーeショップが終了することが発表されました。

・残高追加2022年8月30日まで
・ソフトダウンロード2023年3月下旬

3DSとWiiUでしか遊べないゲームも多いので忘れずにチェック!
GBAのバーチャルコンソールはスイッチにも来て欲しいところだなぁ。

ニンテンドー3DSシリーズおよびWii Uの「ニンテンドーeショップ」 サービス終了時期に関するお知らせ

以下、俺の3DSとWiiUの思い出振り返りや販売実績データなど

 

3DS思い出振り返り

総プレイ時間は3400時間ほど。
稼働年数を考えると思ったより起動してない?かもしれない。
3DSの登場でゲームをDL版で遊ぶ考えも広がり、
ゲームの変化という意味でも時代の狭間をうまく立ち回ったゲーム機だった。

3DS初期は、地震の影響で娯楽自粛の流れや短期間での大幅値下げ問題で、
立ち上がりが大きくブレたが、なんだかんだ持ち直して市場のトップに立ったのは凄い。

後半は3D機能を排除した2DSの登場、3Dは処理が重いという理由で
最初から3D機能が無いゲームなども増えてきて迷走具合も感じるゲーム機だった。

 

3DSの思い出のゲーム

色々なゲームをプレイしたけど一番はやはり『モンハン4』かな。
ゲーム機を持ち寄って遊んでいた時期で、
コミュケーションツールとしてかなり機能していた。
モンハン自体もやり込んだのは4からだったので思い出深い。

3DSのロンチソフトは『スーパーストリートファイター4』を選んだ。
格ゲーはほぼやった事がなかったけど思った以上にハマったので、
PS3とウル4とアケコンを買って環境を作るまでいきましたw
格ゲーは今でもエンジョイですが楽しく遊んでいます。

他ゲームだとポケモンやファイアーエムブレムを良く遊んだゲーム機だったかな。
移植だけど、デビサバオーバークロックも好き!

 

国内3DSの売上データトップ10

3DSの国内売り上げトップ10はこんな感じ。

1位:とびだせ どうぶつの森_448万本
2位:ポケットモンスター X/Y_445万本
3位:ポケットモンスター サン/ムーン_382万本
4位:モンスターハンター4_354万本
5位:妖怪ウォッチ2 元祖/本家_317万本
6位:ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア_311万本
7位:マリオカート7_285万本
8位:モンスターハンタークロス_281万本
9位:妖怪ウォッチ2 真打_263万本
10位:Newスーパーマリオブラザーズ2_259万本

こうみると圧倒的レジェンドシリーズに対抗していた妖怪ウォッチは凄かったな。
それと同時にシリーズを継続させることがどれだけ難しいのかということも感じさせ、
長年続くポケモンシリーズの凄さが改めてわかりました。

 

WiiU思い出振り返り

総プレイ時間は1300時間ほど。
その起動時間のほとんどがWiiから続投したMMOのドラクエ10なので、
ドラクエ10を抜くと600時間くらい。
遊んだ歴代ゲーム機の中でもかなり少ないかもしれない。

WiiUは独立したモニターがあるので、
遊びの幅が広がるかなと思ったけど、うまく活かしたソフトは少なかったな。
ニンテンドーランドのような使い方は面白かったと思うけど。
当初はアプデでWiiUパッドが2つまで繋がるみたいな話があったけど、
結局それも実装できずで残念な部分が多かった。

 

WiiUの思い出のゲーム

思い出に残るゲームはゼルダブレワイ。
他のソフト等と比べてもダンチでクオリティが違かったな。
ただ、ゼルダブレワイはスイッチとのマルチ展開の影響で、
用意されていた独自システムが全て無くなってしまったのがもったいない。
WiiU専用のゼルダはやってみたかったなー。

他にはスプラトゥーン、マリカ8、スマブラfor、ゼノクロ、#FE、ピクミン3、零、スターフォックスなど、
羅列してみれば新規IPや既存の新作ゲームを色々楽しめたと思う。
売り上げは伸びなかったけど、ソフトのクオリティは高くて任天堂の踏ん張りが伺えたゲーム機。

 

国内WiiUの売上データトップ10

WiiUの国内売り上げトップ10はこんな感じ。

1位:スプラトゥーン_153万本
2位:マリオカート8_131万本
3位:NEWスーパーマリオブラザーズU_120万本
4位:スーパーマリオメーカー_100万本
5位:Wii Party U_78万本
6位:大乱闘スマッシュブラザーズ for WiiU_71万本
7位:スーパーマリオ 3Dワールド_57万本
8位:Nintendo Land_38万本
9位:Minecraft: Wii U Edition_37万本
10位:ピクミン3_22万本

国内売り上げの1位は新規IPのスプラトゥーン。
マリオカートやスマブラを抑えての1位はかなり凄い。
スプラトゥーンが世に出ただけでもWiiUの仕事としては十分だったのかもしれない。
ちなみにスイッチで発売されたスプラ2は、
この勢いのまま国内380万本くらい売っていてポケモンクラスに成長しています。

 

03.ゲーム私情/雑記/攻略カテゴリの最新記事