ソニックロストワールド(WiiU)体験版レビュー

NO IMAGE

ソニックロストワールド
1ステージのみで評価は出来ないが・・・



ソニックロストワールド公式サイト
WiiU版と3DS版で発売される本作。
WiiU版では体験版が配信されているとのことなので、プレイしてみました。
※3DS版も配信されていますソニックロストワールド3DS版体験版レビュー
□体験内容
体験できるのは最初のステージ『ウィンドヒル』のみ。
冒頭のムービーも収録してある。
□ステージデザイン
ソニック ステージ
筒状のエリアを走り回る!360度が冒険の舞台となっていて良く出来ている。マリオギャラクシーを彷彿とさせる。
最近のレースゲームみたいなソニックスタートからゴールまでの最適なルートを見つけて走り抜ける!というものではなく、ウロウロ探索するデザインのように感じた。どちらかと言えば2D時代の旧ソニックのような感じでした。昔のソニックは結構探索したりしたよね。
最終的には最短コースを争うゲームになると思うけど、どのルートもギミックが多く最近のソニックのようには遊べないと思う。
一番の改善は落下死かな。ソニックはハイスピードからの初見落下死が多くプレイヤーの心を折りがちだが、デザイン上落下死が少ないステージとなっている。落下死が無いことではない。
□アクション
ソニック キック
正直中途半端かなぁ。ソニックがしたいのか3Dマリオがしたいのか・・・
ステージにギミックが多く、新アクション『パルクール』の登場もありルートがゴチャゴチャしている。アクション性のあるステージを創りたい気持ちと、ソニックで走りたい気持ちがどちらも中途半端でプレイしていてどっちつかずで気持ち良くない。
・3Dマリオのアクションはシンプルだが、ステージ性やテクニックに応じて顔を変える
・最近のソニックのアクションはシンプルだが、ゲーム性と相まって反射神経&テクニカル判断

な印象を受けるが、本作の『ロストワールド』においては、アクションがそのままソニックなのに、ステージデザインが大きく変化しているので、ミスマッチ感を感じる。マリオで幅跳びや壁キックした方が面白そうな気がした。逆にソニックワールドアドベンチャーみたいなステージをマリオでプレイしても面白くないけど。
そんな従来のアクションも本作用に調整がされているが、
・ストンピングは何故かバウンドする。ロックオン中は敵にむかって攻撃しはじめる。
・ライトダッシュ廃止
・ゲージ消費ダッシュ廃止
・2段ジャンプは使いやすくなった気がする
・カラーアクションする際のテンポが最悪
 L使用したらテキストが出る→Aボタン→使用→使用後にもテキストが出る→Aボタン→ゲーム再開

調整が微妙すぎる。
カラーアクションに関してはストレスたまるレベルで最悪だと思った。もっと自然にできなかったのだろうか。
PVではそのような表示を見たことがないので、製品版では無いと思う。
□新アクション:パルクール
ソニック パルクール
走った状態で壁に触れると壁走りをする。
これもモンハン4同様かなり自然なアクションなので、インパクトはかなり薄い。ただ、パルクールから特殊アクションに派生するので、これらを使いこなせばそこそこのアクションを実現できそう。
□スピード
最近のソニックに比べれば格段に遅い。といっても似たようなアクションゲームの中では充分に速いが、ソニックとしては遅い。
スピンダッシュの魅力もかなり薄いものとなっている。今までのスピードに対しての情熱をリセットするかのような物。風を切り裂く演出(?)みたいなのが漫画の効果線レベルでチョロQなみの瞬発力に見える。
□BGM/SE
ワールド1のBGMはソニックとしては弱い印象。ただ、ソニックは良曲揃いなのでこの先のBGMに大いに期待したい。
SEは微妙・・・全体的に爽快感が薄い。プレイしていて淡泊に感じる。
□グラフィック
特にこれと言って目立った点はないかな。
ただ、『ウィンドヒル』の配色がきつくて綺麗なステージには見えなかった。
□その他
・ロードは快適。問題はない
・多少カクつく部分があった。ゲームには影響しない
プレイしていて正直あまり楽しめなかった。演出面もしょっぱいしあまり力が入ってる作品に感じなかった。
この体験版では良い効果は得られないだろうなぁ。魅力が伝わらなかった。
昔のソニックが好きで、最近のソニックについていけない人にとっては割と好印象な作品となるかもしれない。俺は昔のソニックにあまりハマらなかったので、ダメかも・・・

08.ゲームクリア前・体験版感想カテゴリの最新記事